心に残るハッピーイベント

結婚式場についての情報が満載

このサイトでは結婚式を行う際の会場についての情報をご紹介しています。
結婚式場の選び方のポイントや一般的な式場の種類といった基本的なことから、式場選びに困った時に役立つ相談カウンターに関する情報も取り扱っています。
またウェディング専門の式場を選ぶメリットやホテルを式場に選ぶメリットについても紹介しているサイトです。
これからウェディングを計画しているのであれば、ぜひ参考にして素敵な式場を見つけて下さい。

結婚式場の選び方のポイント

結婚式場の選び方のポイント 結婚式や披露宴をおこなう場所を選ぶ際、どのような点に注目して選べば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
そのような場合に結婚式場の選び方のポイントとなるのは、新郎新婦や両家の意向に沿った希望する式が出来るかどうかとゲストにとって負担がないかどうかというところです。
具体的にはまず、結婚式場へのアクセスが新郎新婦やゲストにとって不便でないかどうかということが大切です。
また神前式や教会式、もしくは人前式などの希望する挙式ができる会場であるかどうかも重要になります。
さらに披露宴の会場と料理が希望にあうかどうか、そして着たい衣装が着られるかどうかもチェックしておくべきでしょう。
加えて希望する予算にあっている会場かどうかもポイントです。

予算別の結婚式場の選び方を解説していきます

予算別の結婚式場の選び方を解説していきます 最近では結婚式を実施しないカップルも増えていますが、友人や家族に感謝を伝えるためにも結婚式を行うことは非常に重要と考えられます。
最近では予算に応じて様々なプラン選択ができるようになっているため、あまりお金を使うことができない場合でも結婚式を行うことは可能と考えられます。
予算別の結婚式場のおすすめの選び方などを解説していきます。
まず自由に使えるお金があまりない場合ですが、共済関係の結婚式場を選ぶのがおすすめです。
共済関係の式場は直接の共済会の組合員でなくても利用できますし、もしも職場で共済や福利厚生などが利用できる場合にはそれを活用することで圧倒的に費用を抑えて式を挙げることができます。
少人数向けのプランを選択すれば限られた資金でも十分立派な式を挙げることが可能です。
またある程度資金に余裕がある場合には、ホテルのブライダルフェアなどに参加してみることをおすすめします。
共済関係のサービスと比較するとやや割高な料金になりますが、その分ゲストに十分に楽しんでもらえますし、自分たちの希望を反映しやすいため、納得のできる式にすることができます。
最初に担当者に予算を正確に伝えておくと、より安心できます。

結婚式場でスムーズに予約を入れるための裏技

結婚式場でできるだけ予約をスピーディーに入れることができる裏技として紹介されている物の一つに、仏滅や十三日の金曜日、さらに三隣亡などの日に予約することがあげられています。気にする人もいますが、仏滅・三隣亡・十三日の金曜日などは比較的予約が少ないです。また、結婚式場でもオフシーズンと呼ばれている物が存在します。その時期に予約すると断られにくいです。そのため、できるだけ仏滅や三隣亡などの日を選んで予約をすることが大切となります。
結婚式のオフシーズンと呼ばれているのは12月から1月の間です。この時期はクリスマスやお正月など、年中行事が多く存在しているため、予約を入れる人が少ないといいます。ただし、三が日やクリスマス前後の場合、狙って結婚をするカップルや式場自体が休みである可能性が高いことから、あまりおすすめできません。予約するときにはそれ以外の日程で12月から1月の間に予約をするとスムーズであることが多いといいます。

結婚式場の稼働率でもっとも高くなる時期と低い時期とは

国内では郊外はもちろんのこと、都心部でも数多くのブライダルホールが存在しています。休日になると結婚式を挙げるカップルを目になさる方も多いことでしょう。
昨今では結婚式場内で挙式と披露宴を挙げることが可能です。これから利用をなさる方も大勢いらっしゃるでしょうが、結婚式場の稼働率について簡単に解説をしていきます。稼働率がもっとも高くなるのはいつなのかというと、6月です。ジューンブライドという言葉を聞いたことはありませんか。日本では6月に挙式をすると生涯幸せでいられるという言い伝えがあります。そのため稼動が高くなり、費用も少し高くなるわけです。では反対に低いのはいつかというと、1月です。この時期は結婚式場の閑散期とも呼ばれており、利用する際は費用コストが非常にお安くなるのがポイントになります。もしも結婚式場を安く利用したいという希望をお持ちであれば、閑散期となる1月にプランを立てることをおすすめします。

結婚式場には性格特性が重要になってくる?

人生の一大イベントとして盛大な結婚式を挙げることを目標にしているなら、絶対に失敗することがないように自分に最も合った結婚式場を選ぶ必要があります。その為には自分の性格特性をよく理解すること、しっかりと分析したうえで適正の高いところを選ぶようにしていくことが重要なのです。
結婚式場を選ぶうえでも性格特性はかなり重要になってくるので、もしも自分の考えがかなり細かくてちょっとしたことでも気になってしまうような繊細な性格なら和風の場所を選ぶと良いかもしれません。また、注目されることが大好きで大勢で賑やかに挙式を開きたいと希望するなら洋風の場所が最適です。
このように自分の考えに最も近いプランを練ることがとても大切になってくるので、ウェディングプランナーの方とよく話し合って特性をよく知ること、それを活かした上手な式場選びを徹底するだけで成功か失敗かの分岐点が見えてくるようになります。そのことだけを肝に銘じれば、きっと素晴らしい式が挙げられるでしょう。

ニーズが高まっているリモート婚と対応している結婚式場

近年、話題となったリモート婚を検討している人もいるのではないでしょうか。
新型コロナウイルス感染症の流行のために結婚式がキャンセルになることが多くなり、結婚式場での挙式を予定していた人の場合には延期したという人も少なくありません。しかしそのような中に登場したのが、リモート婚です。パソコンやスマートフォンを利用して結婚式をおこない、もちろんゲストもオンラインで招待するようになっています。多くの人たちがこのようなweb婚したことでも話題になり、遠隔地にいながら友人や仕事関係者なども多数を招待することができる方法として利用者が増えています。コミュニケーションゲームの中でオンライン結婚式をするなど様々な方法が考えられますが、結婚式場の中にはこのようなオンラインウェディングに対応しているところも存在しているのが特徴です。直接集まって挙式や披露宴をするのが難しい場合でも、このようなアイディアを形にすることで様々な方法での結婚式が可能です。

結婚式場をキャンセルした場合の違約金に注意しよう

これから結婚式を行おうと考えているカップルが多いと思われます。親族や友人に二人の門出を祝ってもらえる機会になるので、賢明な選択だと評価できます。女性はウエディングドレスを着てバージンロードを歩きたいと夢見ている人が多いので、コンパクトな結婚式でも構わないので行うべきです。
結婚式場を選ぶ際はスタッフの質や料理のクオリティ、最寄りの駅からのアクセスなど人それぞれに重視したいポイントがあるはずです。それらに加えてキャンセルに伴い高額な違約金が発生することに注意しないといけません。日本でも2020年から新型コロナウイルスが流行し、多くのカップルが結婚式をキャンセルする決断をしました。蔓延防止のために仕方なくキャンセルしたのに高額な違約金を取られてしまったケースがあります。まだコロナウイルスが終息していないことを考えると、余計な料金が発生しない結婚式場を選ぶことも重要なポイントです。数万円くらいなら許容できますが、数十万円から100万円以上も請求されています。

もっと結婚式場を知りたい

神戸 結婚式場

新着情報

◎2022/5/30

情報を追加しました。


>結婚式場でスムーズに予約を入れるための裏技
>結婚式場の稼働率でもっとも高くなる時期と低い時期とは
>結婚式場には性格特性が重要になってくる?
>ニーズが高まっているリモート婚と対応している結婚式場
>結婚式場をキャンセルした場合の違約金に注意しよう

◎2021/6/25

アイテムはセンスの良い物を選びたい
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

専門の式場のデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/1/25

口コミチェックや下見を行う
の情報を更新しました。

◎2020/12/25

サイト公開しました

「結婚式 選び方」
に関連するツイート
Twitter

結婚式の二次会を成功させよう!〜二次会会場の選び方とポイント〜

繊細なレースに心を奪われる、ANNE BARGE(アンバルジ)のタイムレスなウェディングドレス

MARCHESA(マルケーザ)のオフショルダードレスで、上品で可憐な花嫁様に

ハンドメイドのリーフモチーフが印象的なANNE BARGE(アンバルジ)のウェディングドレス

【Dress Style】女性らしさ溢れる上品なスタイルが叶う、フェミニンドレス3選

Copyright (C) 2020 心に残るハッピーイベント . All Rights Reserved.